FXの損切り(ロスカット)とは

FXの損切り(ロスカット)とはどのようなことなのでしょうか。

FX損切りとは、自分が予想していたのとは反対の動きが出てしまったことで、 損をした状態を確定することです。

FXで損をすることは付いてまわります。 その損失をいかにして小さく押さえるのかが、FXを行う上で重要になってきます。

人間には欲がありますから、今は上手く行かないけれど、 もう少し待てば必ず自分の思った方向に行くなどと、 根拠のない自信を持ってしまいがちです。

このような考え方が大きな損を生みだすのです。 FXを行う上では損切り上手になることが必要です。

FXでは自分なりのルールをいくつも持って行うことが普通です。 その中には損切りのルールも必ず持つことが大切です。

ここまで落ち込んだら売るという絶対的な気持ちを持ちましょう。 もう少しもう少しが大損の元になります。どうしても損切りができないという人は、 損切りの値段を設定して、自動的に売るというプログラムを利用することをお勧めします。

損切り(ロスカット)注文で有利なFXプライム

損切り(ロスカット)を注文でだす場合は逆指値注文となります。この逆指値注文、FXプライムでは、売値と買値の両方にヒットしなければ約定しません。これは顧客にとっては大変有利な設定となっておりオススメです。

FX取扱業者 手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 申込 詳細
FXプライム 0円 1万円 2銭 12 申込 詳細


FXの仕組みと基礎知識

FXの仕組み ・FXのメリット ・FXって儲かるの? ・為替レートとは ・FXの手数料 ・スワップ金利とは ・損切り(ロスカット) ・レバレッジ ・デイトレード ・ナンピン ・くりっく365 ・fxテクニカル指標 ・確定申告 ・スプレット ・両建て

line
Copyright (C) 2007 FX-24. All Rights Reserved.