FXの仕組み

FX(外国為替保証金取引)を始める前に知っておきたいのが、 FX取引の仕組みについてです。

どんな投資も利益を得るまでの仕組みを知らなければスムーズに取引ができません。

FXが少ない資金で大きな取引も可能なのはFXの仕組みに理由があります。

最近はさまざまな取引通貨がありますが、 FXでかなり身近な取引といえばドルと円の取引です。

例として、1ドルを100円で買い、 次の日には1ドル=105円になったとします。

そのドルを売ったときに生じる利益がFX取引のりえきとなるわけです。

このように、日ごと変わる為替レートの動きを利用して利益を得るのがFXなのです。

取引の中で、FX会社には保証金(証拠金)を預託します。 FX会社に預ける保証金は担保のようなもので、 この担保をもとに取引に必要な資金を借りるような感じです。

レバレッジ効果を利用すれば少ない資金からでも取引が可能です。 このように少ない資金からでも始めやすいことが、FXの人気の秘密なのです。

損切り(ロスカット)注文で有利なFXプライム

損切り(ロスカット)を注文でだす場合は逆指値注文となります。この逆指値注文、FXプライムでは、売値と買値の両方にヒットしなければ約定しません。これは顧客にとっては大変有利な設定となっておりオススメです。

FX取扱業者 手数料 初回入金 スプレッド 通貨ペア数 申込 詳細
FXプライム 0円 1万円 2銭 12 申込 詳細


FXの仕組みと基礎知識

FXの仕組み ・FXのメリット ・FXって儲かるの? ・為替レートとは ・FXの手数料 ・スワップ金利とは ・損切り(ロスカット) ・レバレッジ ・デイトレード ・ナンピン ・くりっく365 ・fxテクニカル指標 ・確定申告 ・スプレット ・両建て

line
Copyright (C) 2007 FX-24. All Rights Reserved.